社会福祉法人 善隣館保育園 本文へジャンプ
概要と一日の流れ


【沿革概要】
 昭和36年、土地提供者神尾清吉、長島金蔵、長島秀吉、幼児教育の権威者増子とし・鉄哉夫妻、以上6氏の美しい善意によって固く結ばれ、施工者 上村慎次郎氏の犠牲的な協力によって完成されました。
 翌37年10月厚生大臣の認可をえて、社会福祉法人善隣館保育園として今日に至りました。
イメージ
【一日の流れ】  
 
   時間 流れ
 7時15分 開園
   順次登園
はな組保育
(合同) 
 9時00分  クラス保育
課題による活動  
 10時00分  おやつ(1・2歳児)
 11時00分 昼食
 12時30分  昼寝(1・2歳児)
 13時00分 昼寝(3・4・5歳児)
 15時00分  起床・おやつ
 16時00分  順次降園
 ほし組保育
 (合同)
 18時15分  延長保育
 19時15分 閉園





           
  
          

*お子様をお預かりする時間は、ご家庭で保育が困難となる時間に限られてます。
 就労の事由で保育の必要性の認定を受けた場合は保護者の勤務時間と通勤時間を基に施設長が決定します。


            
            


 【登園証明書】
  お子さまが感染症の病気になった場合は、完全に治してから登園しましょう。
 病気が治り登園する際には医師による証明書をお持ちください。証明書は下記より
 ダウンロードできます。印刷してお使い下さい。
 登園証明書PDF